歯を失う大きな原因は歯周病

16歳を過ぎると歯の表面のエナメル質が硬くなり、ムシ歯になりにくくなります。
しかし歯肉が下がり、やわらかいセメント質が露出すると歯ぐきの境目はムシ歯になりやすいのです。
1999年の厚生省歯科疾患実態調査によると、歯周病(歯肉炎、歯周炎)にかかっている人の割合は、全体で68%と年々増加しています。
その要因のひとつとして食生活の変化、高齢化、ストレスの増加などがあげられます。
また一方で歯周病に対する認識不足や、かかっている本人も気づかずに症状を悪化させている側面 もあるようです。
歯周病は大人がかかる病気だと思われがちですが、最近では子供でも歯ぐきの病気にかかっているのです。
歯肉炎が主体ですが、5〜14歳児のデータを見ると1981年の調査では罹患率が20%であったのが、1999年には36%に増えています。
歯を失う大きな原因の一つは歯周病です。
歯を失うと噛めないのはもちろんですが、全身の健康に大きく影響を及ぼします。
歯周病は、高血圧や糖尿病などとともに生活習慣病です。
お口の病気と侮っていたら、やっかいな病気を起こしかねないので注意が必要です。

妊婦は、虫歯や歯周病になりやすい?
よく「妊娠すると胎児にカルシウムをとられ歯が弱くなる」と言われますが、これは本当ではありません。
妊娠すると虫歯や歯周病にかかりやすくなるのは
1)妊娠のため唾液が酸性になって分泌量が低下し、粘っこくなっている(歯垢が増える)
2)つわりなどで食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすくなる
3)歯ブラシを入れると気持ち悪くなったりする

などによるものです。

アロ歯クラブ

『大人の歯を守る会』です。
大人の方も3〜6ヶ月に1回は健診を兼ねて歯のクリーニングをいたします。
一生自分の歯で食べることができたら幸せだと思いませんか?

自分の健康は自分で守りたいと思っていても、なかなか難しいものです。
歯科医と衛生士による指導と定期的な健診でいつまでも健康な歯とお口を保ちましょう!

●入会資格
 16歳から誰でも入会できます。
 入会金 無料
 年会費 無料

●入会特典
 アロ歯クラブに入会すると・・・
 ○希望する時期に健診をお知らせするハガキが届きます。
 ○健診時に歯ブラシ(歯科医院でしか手に入りません)を差し上げます。
 ○エアーフロー(重炭酸ナトリウムとエアーと水で歯の汚れを落とします。)
  を希望された場合500円割引いたします。